2008年07月15日

overflow プロパティ スタイルシート

スポンサード リンク

overflowプロパティはブロック要素に指定した横幅・高さ (widthプロパティ・heightプロパティ)の
範囲から内容がはみ出した場合の内容の表示方法を指定します。

overflow : visible ;
内容のサイズがボックスのサイズより大きい場合ボックスから
はみ出して表示されます。IE6では、内容が溢れるのではなく、
ボックスの方が内容に合わせて拡張します。

overflow : hidden ;
内容がボックスからはみ出た部分は非表示になります。
スクロールバーは付きません。

overflow : scroll;
はみ出た内容はスクロールして見る事ができます。
はみ出る,はみ出ないにかかわらず常にスクロールバーが付きます。

overflow : auto ;
内容があふれた場合、スクロールバーが付き
スクロールして見る事ができるようになります。

表示サンプル
overflow : visible ; overflow : hidden ;

 内容のサイズがボックスの
サイズより大きい場合
ボックスから
はみ出して表示します。。
IE6では、ボックスの方が
内容に合わせて拡張します。

内容のサイズがボックスの
サイズより大きい場合
ボックスから
はみ出して表示します。。
IE6では、ボックスの方が
内容に合わせて拡張します。
overflow:hidden;



overflow : scroll;


overflow : auto ;

 内容がボックスの
サイズより大きい場合
はみ出た内容はスクロールして見る事ができます。
はみ出る,はみ出ないにかかわらず
常にスクロールバーが付きます。
    overflow:scroll;

 内容のサイズがボックスの
サイズより大きい場合
自動的にスクロールバーが付き
スクロールして見る事が
できるようになります。
<P style="color : black;background-color : #ffffc8;width : 220px;height : 80px;overflow:auto;">

posted by javaScript at 19:01 | 大阪 ☁ | スタイルシート CSS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。