2008年08月05日

左から指定した文字数を取り出します.

スポンサード リンク

左から指定した文字数を取り出します。

取り出す文字数:  

サンプルソース

<HTML>
<HEAD>
<TITLE>左から指定した文字数を取り出します</TITLE>
</HEAD>
<BODY>
<script type="text/javascript">
<!--
function act(){
moji ="左から指定した文字数を取り出します。"
v=document.getElementById("tbox").value;
mojisuu = moji.substr(0,v);
alert(mojisuu);
}
// -->
</script>

<P>左から指定した文字数を取り出します。</P>
<FORM>
取り出す文字数:<INPUT size="4" type="text" id="tbox" value="5">
 <INPUT type="button" name="botan" value="スタート" onclick="act()">
</FORM>
</BODY>
</HTML>

moji.substr(0,v);  // 文字列.substr(開始位置 ,取り出す文字数) で取得します。開始位置は0から始まります。
"左から指定した文字数を取り出します。".substr(1,4) は "から指定"を返します。

タグ:substr 文字数
posted by javaScript at 18:39 | 大阪 ☀ | 文字、文字列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。