2008年08月06日

右から指定した文字数を取り出す

スポンサード リンク

右から何文字取り出して表示しますか?

取り出す文字数を入力 v:  

*******

サンプルソース

<HTML>    
<HEAD>
<TITLE>右から指定した文字数を取り出す。</TITLE>
</HEAD>
<BODY>
<SCRIPT language="JavaScript">
<!--
var moji ="右から何文字取り出して表示しますか?";
var v=0; // 右から取り出す文字数
function act(){
v=document.getElementById("tbox").value;
document.getElementById("comt").innerHTML ="右から "+v+"文字です:"+"<SPAN style='color : red;'>"+moji.substr(moji.length-v,v)+"</SPAN>";
}
// -->
</SCRIPT>
<P>右から何文字取り出して表示しますか?</P>
<FORM>取り出す文字数を入力 v:<INPUT size="10" type="text" id="tbox" value="5">  
<INPUT type="button" name="botan" value="スタート" onclick="act()">
</FORM>
<P id="comt">*******</P>
</BODY>
</HTML>

var moji ="右から何文字取り出して表示しますか?";
moji.substr(moji.length-v,v)  // moji.substr(開始位置 ,取り出す文字数) は左から指定した文字数を取り出します。
moji.length は文字列 moji の長さ(文字数)を取得します。この場合は"18"です。

このサンプルでは v の初期値は 5 ですから moji.substr(18-5 ,5)になります。開始位置13 から 5文字抜き出しますので
右から 5文字取り出したようになります。



posted by javaScript at 19:38 | 大阪 ☁ | 文字、文字列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。