2012年10月15日

javascript 日付から曜日を取得

スポンサード リンク

 あの日は何曜日??
new Date() Dateオブジェクト,getDay() メソッド

貴方は自分の誕生日や結婚記念日の曜日を知っていますか?
知らない方が結構多いのではないのでしょうか.......さあ、調べてみましょう。

年、月、日を入力してください。(半角数字)

西暦:年  月 


heteml
【ちょ〜簡単設置】初心者でもすぐ使える、無料アクセス解析の決定版!
ロリポップ!のドメインは選べる全85種類!!
さくらのレンタルサーバ ビジネスプロ

サンプルソース


<html>
 <head>
<title>あの日は何曜日??</title>
<script language="JavaScript">
<!--
function getYobi(){
 myY=document.getElementById("hogeY").value; //入力した年の値 取得
 myM=document.getElementById("hogeM").value; //月の値 取得
 myD=document.getElementById("hogeD").value; //日の値 取得

   myDay = new Array( "日","月","火","水","木","金","土" ); //配列オブジェクトを生成
   myDate = new Date( myY,myM-1,myD); //指定した時刻を表す日付オブジェクトを作成
   myWeek = myDate.getDay(); //曜日の番号取得
document.getElementById("youbiBox").innerHTML= 
 "<br>指定した(年月日)は"+ myDay[myWeek] //番号から曜日の文字取得
 + "曜日です。番号="+myWeek;
       }
// -->
</script>
</head>
<body>
<form>
年、月、日を入力してください。(半角数字)<br>
<br>
西暦:<input type="text" size="7" value="2013" id="hogeY">年 
<input type="text" size="2" value="1" id="hogeM">月 
<input type="text" size="2" value="1" id="hogeD">日
<br><br>
<input type="button" value=" 取得 " onclick="getYobi()">
<div id="youbiBox"></div>
</form>
</body>
</html>
<!--<form>の装飾の設定は省略しています。-->
new Date(**) Dateオブジェクト
日付および時刻を格納しておくオブジェクトです。(日付オブジェクト)
月の指定は 0〜11 になります (1月が 0 )。;
myDate = new Date(2013,0,1);

パラメータを省略した場合は現在の時刻となります。
myDate = new Date();            
getDay();メソッド
new Date();に格納されている時間の日付の曜日を番号で返します。
getDay メソッドの戻り値は、曜日を表す 0 〜 6 の数値です。
   曜日と番号の対応
0 1 2 3 4 5 6
myWeek = myDate.getDay();曜日を表す数値を取得して
myDay[myWeek]で、数値に合致した曜日の文字を取り出します。 

ロリポップ!のドメインは選べる全85種類!!
さくらのレンタルサーバ ビジネスプロ
日付オブジェクト.toLocaleString();を使った時計
日付表示 toLocaleString メソッド ページを開いたとき現在の時刻を表示
日付 カウントダウン リアルタイム表示
指定日まであと何日?指定日から今日まで何日経った?

posted by javaScript at 10:59 | 大阪 ☀ | 日付 時刻 時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

日付オブジェクト.toLocaleString();を使った時計

スポンサード リンク

日付オブジェクト.toLocaleString();を使った時計

現在のローカル時刻です。

JavaScript 作成お役立ちサイト
All About [JavaScript]サンプルソースから書き方まで
All About [ホームページ作成]HP作成に役立つ情報満載

サンプルソース

<html>
<head>
<title>日付オブジェクト.toLocaleString();を使った時計</title>
</head>
<body>
<script type="text/javascript">
<!--
window.onload = showtime;

function showtime(){
var dd = new Date();
document.getElementById('msgBx').innerHTML = dd.toLocaleString();
timerID = setTimeout('showtime()', 1000);

}
// -->
</script>

<p id="msgBx"></p>
</body>
</html>

dd.toLocaleString();
ローカル時刻(文字列)に変換した値を返します。
setTimeout('hoge()' , msec)
hoge には実行する関数名を記述し、msec ミリ秒後に指定した処理を行います。
msec には1000ミリ秒 を指定しているので 1秒ごとに 関数 showtime()を実行して
ID名が "msgBx"の領域に日付,時刻を表示しています。
日付表示 toLocaleString メソッド ページを開いたとき現在の時刻を表示
日付 カウントダウン リアルタイム表示
指定日まであと何日?指定日から今日まで何日経った?

posted by javaScript at 20:28 | 大阪 | 日付 時刻 時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。