2013年11月06日

parseInt()関数

スポンサード リンク

 parseInt(string,radix)関数は、文字列を解析し整数に変換します。

  string 引数に格納されている文字列を、radix 引数に指定した基数から
10 を基数とする10進数に、進数変換した整数を返します。

 例を挙げればstring 引数が「110」で、基数が「2」の場合、2進数の「110」として解析し、
10進数の「6」を返します。
基数に10を指定した場合、10進数として「110」を返します。
パラメータ
string : 整数に変換する文字列。 // 省略不可
radix  : 変換した整数の基数を指定する 2 〜 36 の値。
このパラメータを省略すれば
文字列が 0x で始まれば、"radixは16", 16進数として処理。
文字列が 0 で始まれば、"radixは8" , 8進数として処理。この機能は推奨されていません。
parseInt が 0 で始まる文字列を 8 進数でなく 10 進数としてパースするように変更。 | Firefox 21
IE9 標準モードより、parseInt 関数は、先頭が 0 の文字列を 8 進数として処理しません。
上記以外の先頭が数値の文字列は、10 進数と見なして処理します。
詳細
 string の文字列を、最初の文字から走査して、
数値でない文字が出現するまでの文字列を整数に変換します。
ここでの数値と、される文字は 数字 、文字列先頭の +数値 , - 数値 , です。
基数が 16 (16進数) の場合は A〜F までのアルファベットを含みます。
整数の値まで数を切り捨てます。小数点以下は切り捨てられます。
先頭の文字が数値でない文字だった場合には NaN を返します。
表示例
parseInt("0Xf") --> 15, parseInt("0012") --> 12, parseInt("20年") --> 20
parseInt("CSS3") --> NaN, parseInt("-8em") --> -8, parseInt("3.14") --> 3
parseInt("11",2) --> 3, parseInt("11",10) --> 11, parseInt("11",16) --> 17
お試し入力  parseInt(string, radix) parseInt( )  // ここに結果を表示


※参考に 10進数 2進数 8進数 16進数対応表

ロリポップ!のドメインは選べる全85種類!!
WordPressが簡単・すぐに使える『レンタルサーバーheteml(ヘテムル)

イオンショップ

サンプルソース

      <!--上記 お試し入力のコード. スタイルシート属性、と入力候補のリストは省略.-->
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>parseInt()関数</title>
<script type="text/javascript">
<!--
  function txtCng(){
   Tstr01=document.getElementById("tBox01").value;
   Tstr02=document.getElementById("tBox02").value;
   Chk=isFinite(Tstr02); // 値が有限で、適正な数であるかチェック:適正ならtrue

    if(Chk==false){
             alert("'引数 radix' 空白にするか, 数値「2〜36」を入力");
             return;}
   	   Tstr02=+Tstr02;  // 適正な 数なら数値に転換。
    if(Tstr02!=""&&Tstr02<2||Tstr02>36){
            alert("'引数 radix' 空白にするか, 数値「2〜36」を入力");
             return;}
    document.getElementById("kekka").innerHTML=parseInt(Tstr01 ,Tstr02);
     }
 // -->
 </script>
 </head>
 <body>
  <form>
   <fieldset> <!--フォームの要素の周りに枠線-->
    <legend>お試し入力</legend> <!--fieldset要素へ表題を定義-->
  parseInt( <input type="text" size="10" id="tBox01" />
   <input type="text" size="3" id="tBox02"
      title="'引数 radix' 空白にするか, 数値 「2〜36」を入力。" />
 &nbsp;//&nbsp;&nbsp;<span id="kekka">ここに結果を表示</span>
  <br />
 <input type="button" value="転換" onclick="txtCng()" />
 <br />
</fieldset>
</form>
</body>
</html>
<input type="text" />
一行テキスト入力ボックスが作成されます。
inputタグのtype属性にスタイルを指定
<fieldset>,<legend>
テキストボックス
  <form>
    <fieldset>   <!--フォームの要素の周りに枠線-->
    <legend>テキストボックス</legend>   <!--fieldset要素へ表題を定義-->
     <input type="text">
    </fieldset>
  </form>
posted by javaScript at 22:18 | 大阪 ☁ | 文字、文字列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月21日

line-heightプロパティ 行の高さを指定

スポンサード リンク

行ボックスの高さ(行の高さ)を指定
javascriptで行間を変更

 このボックス(p要素)は、line-heightプロパティの値を "1.5em"、
font-sizeプロパティの値を"16px"、で指定しています。
上記セレクトボックスで値を変更すると、
このボックスの文章の行間を変更することができます。
line-height は、一行の高さを指定するプロパティです。
たとえば line-height: 1.5em; font-size: 16px;の場合
行の高さがフォントサイズの1.5倍(24px)になるので24px-16px=8px:
"8px"が行と行の間として、上下均等に"4px"ずつ分けられます。
このスタイルを設定すると、文章の行間を適度に空けることができ、
文章を読みやすくすることができます。
日本語の文章の場合最適なline-heightプロパティの値は1.3em〜1.7em 程度でしょう。
※ 行の高さがフォントサイズより小さな値の場合には、 行が重なって表示されます。
マイナス値は指定することはできません。

heteml
【ちょ〜簡単設置】初心者でもすぐ使える、無料アクセス解析の決定版!
ロリポップ!のドメインは選べる全85種類!!
さくらのレンタルサーバ ビジネスプロ

サンプルソース

<html>
 <head>
<title>line-heightプロパティ</title>
 <style type="text/css">
 <!--
   #smp{
     line-height: 1.5em;
     font-size: 16px;
     border: 1px solid blue;
     padding-left: 10px;
        }
-->
</style>

<script type="text/javascript">
function Selc(num){  //選択された項目の値を取得。
 var lineH=num.options[num.selectedIndex].value; 
 document.getElementById("smp").style.lineHeight = lineH;
    }
</script>

</head>
<body>
<form> <!--セレクトボックス-->
<select name="slc" onchange="Selc(this)">
  <option value="*" selected>line-heightプロパティ値を選択</option>
  <option value="normal">normal</option>
  <option value="0.8em">0.8em</option>
  <option value="1.0em">1.0em</option>
  <option value="1.1em">1.1em</option>
  <option value="1.2em">1.2em</option>
  <option value="1.3em">1.3em</option>
  <option value="1.4em">1.4em</option>
  <option value="1.5em">1.5em</option>
  <option value="1.6em">1.6em</option>
  <option value="1.7em">1.7em</option>
  <option value="1.8em">1.8em</option>
  <option value="1.9em">1.9em</option>
  <option value="2.0">2.0em</option>
</select>
</form>
<p id="smp">
 このボックス(p要素)は、<br>
line-heightプロパティの値を "1.5em"、<br>
font-sizeプロパティの値を"16px"、で指定しています。<br>
上記セレクトボックスで値を変更すると、<br>
このボックスの文章の行間を変更することができます。<br>
line-heightは、行の高さを指定するプロパティです。<br>
たとえば line-height: 1.5em; font-size: 16px;の場合<br>
以下省略・・・・・・・ </p> </body> </html>
line-height プロパティ
一行の高さを指定するプロパティです。
マイナス値は指定することはできません。
適用対象は全ての要素 です。
書式
p { line-height: 値; }
値の指定
line-height: normal;
   ブラウザの標準の行の高さ(1.0から1.2倍)になります。
   数値に [px]、[em]、などの単位をつけます。
line-height: パーセンテージ値(%);}
   適用要素のフォントサイズに対するパーセンテージ値(%)。
line-height: 実数値; //小数点一桁まで
   適用要素のフォントサイズに対する倍数。// "1.5"ならフォントサイズの
  "1.5"倍という事になります。
lineHeight プロパティ
javascriptでline-height プロパティを操作するには
obj.style.lineHeight="値" と記述します。上記サンプルでは
document.getElementById("smp").style.lineHeight = lineH;
となります。lineHにはセレクトボックスで選択した"値"が入ります。

heteml
ロリポップ!のドメインは選べる全85種類!!
さくらのレンタルサーバ ビジネスプロ
セレクトメニューの設置 値の取得 onchangeイベント
javascript 文字、文字列
指定した範囲内の文字を抜き出します。substring()メソッド
右から指定した文字数を取り出す substr()メソッド
左から指定した文字数を取り出します substr()メソッド
文字列から1文字取り出します。charAt()メソッド
正規表現による文字列置換 String.replace();
文字列の長さ(文字数)を取り出す。 length プロパティ
一致する文字列の有無を調べます。indexOf()メソッド
文字列の単語間のスペース word-spacingプロパティ
javascript文字 点滅

posted by javaScript at 20:46 | 大阪 ☁ | 文字、文字列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。