2012年03月08日

入力チェック 数字かどうか。JavaScript

スポンサード リンク

 テキストボックスの値が数字か,数字以外の文字か判別。

年齢: 歳  (半角数値)
   

正規表現 Val.match( /[^0-9]/ )を利用して数値かどうか調べています。

heteml
【ちょ〜簡単設置】初心者でもすぐ使える、無料アクセス解析の決定版!
ロリポップ!のドメインは選べる全85種類!!
さくらのレンタルサーバ ビジネスプロ

サンプルソース

<html>
 <head>
<title>正規表現 .match( /[^0-9]/ )、入力チェック 数字かどうか。JavaScript</title>
<style type="text/css">
<!--
#frm {
        width:350px;
        padding:10px;
        border:1px #b0e0e6 solid;
        background-color:#f0fff0;
     }

#eMsg {
       color : red;
     }
-->
</style>

<script language="JavaScript">
<!--
function chkN(){
 var Msg =document.getElementById("eMsg"); /* メッセージ表示ボックス */
  var Val = document.getElementById("chkNum").value; /* 入力値 */
   var Res = Val.match(/[^0-9]/); /* 半角数字以外 にマッチ */
if(Val==""){ Msg.innerHTML = "年齢を入力してください !!";/* 空白の場合 */
 return;}

if (Res){ /* 半角数字以外が在れば */
 Msg.innerHTML = "数字以外が含まれています!!";
       }
else{ /* 半角数字だけの場合 */
  Msg.innerHTML = "OKです。";}
   }
//-->
</script>
</head>
<body>
  <form id="frm">
   年齢:<input type="text" name="chkNum" id="chkNum" size="10"> 歳 
   (半角数字)<br>
<input type="button" value="入力値チェック" onclick ="chkN()"> &nbsp; &nbsp;
  <span id="eMsg"></span>
</form>
</body>
</html>
正規表現 Val.match( /[^0-9]/ )
 Val は対象となる文字列で,その中に数字"0から9"以外のものがあれば最初にマッチした
文字を、なければ null を返します。「 /[0-9]/ 」と書くと、"数字がある場合"になり
[ /^0-9/ ]は"数字以外の文字がある場合"になります。
^ 」記号は否定で"0〜9"以外という意味になります。
: 数値だけの場合はnull

ロリポップ!のドメインは選べる全85種類!!
さくらのレンタルサーバ ビジネスプロ
正規表現による文字列置換 String.replace();
テキストエリアの行数 正規表現で改行コードの数の取得
テキストボックス
background 背景に関するプロパティ 一覧
borderプロパティ
paddingプロパティ  ボックスの内側の余白

posted by javaScript at 17:40 | 大阪 | 文字、文字列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月01日

slice メソッド 文字列の一部分を取り出します。

スポンサード リンク

 slice メソッド string

slice メソッド お試しボックス
切り取り対象 テキスト
string:
string.slice(,);
string.slice();

 sliceの入力ボックスに値(半角数字)を入れてください。右側のボックスに取り出した
文字列が表示されます。 sliceの値

heteml
【ちょ〜簡単設置】初心者でもすぐ使える、無料アクセス解析の決定版!
ロリポップ!のドメインは選べる全85種類!!
さくらのレンタルサーバ ビジネスプロ

サンプルソース

<html>
 <head>
<title>slice メソッド 文字列の一部分を取り出します。</title>
 <script type="text/javascript">
    function goSlice() {
        var str = "JavaScript";// 取り出し対象文字列
     str = str.slice(4,7);
           alert(str);  // 取り出した新しい文字列  'Scr'
       }
  </script>
</head>
<body>
<form>
  <input type="button" onclick="goSlice()" value="文字列 取り出し">
</form>
</body>
</html>
slice メソッド
構文
文字列.slice(begin[, end])
引数
begin : 取り出す部分の開始位置、0から始まるインデックス値。
end :    取り出す部分の終了位置、0から始まるインデックス値。省略可能。
インデックス値
  J  a  v  a  S  c  r  i  p  t // 対象文字列、10文字。
  0  1  2  3  4  5  6  7  8  9 // 前からのインデックス値。
-10 -9 -8 -7 -6 -5 -4 -3 -2 -1 // 後ろからのインデックス値。
string.slice(begin[, end]) 詳細
 beginは対象文字列から取り出す部分の先頭位置をインデックス値で指定します。
endは対象文字列から取り出す部分の末尾位置をインデックス値で指定します。
抽出される文字列はbeginからendの一つ手前の文字までになります。

str = "JavaScript";
 str.slice(4,7); 5番目の文字から7番目の文字までを取り出し // Scr 。
beginに負の値を指定すると末尾からのインデックス値になります。
 str.slice(-6); 最後と最後から6番目まで取り出し // Script 。

endを省略した場合はbeginから文字列の最後まで取り出します。
 str.slice(6); 7番目の文字から最後まで取り出し // ript 。
endに負の値を指定すると
 str.slice(0,-1); 最初から,末尾から2番目までを取り出し // JavaScrip 。

 負の値などがあってインデックス値の指定がややこしいので、
slice メソッド お試しボックスでいろいろ試してください......!

heteml
ロリポップ!のドメインは選べる全85種類!!
さくらのレンタルサーバ ビジネスプロ
指定した範囲内の文字を抜き出します。substring()メソッド
右から指定した文字数を取り出す substr()メソッド
左から指定した文字数を取り出します substr()メソッド
文字列から1文字取り出します。charAt()メソッド
正規表現による文字列置換 String.replace();
文字列の長さ(文字数)を取り出す。 length プロパティ
一致する文字列の有無を調べます。indexOf()メソッド
javascript 文字、文字列
javascript文字 点滅

posted by javaScript at 21:19 | 大阪 ☀ | 文字、文字列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。